Yurindie

創作百合作品の紹介をしています。

cocoon/山田サササ(とろける新兵器)【漫画】

f:id:yurindie:20190226225500j:plain

住む家を失った社会人の主人公が、5人の女性が住む寮に入ることになるお話。コメディっぽくわちゃわちゃしてたり少し腹黒かったりほんわかしたり色んな要素が楽しめる3組の女女の関係性がとても良いです。天然×天然の主人公ふたりの組み合わせがふわふわしていて新鮮。

タイトル
cocoon
サークル
とろける新兵器
作家
山田サササ(Twitterpixiv
発行
2018.8(COMITIA125)


【作者さん】

 

【みんなの感想】

 

さけのうおでんもうにむらがる 鱖魚群電網/いとう(Golem,Inc.)【漫画】

f:id:yurindie:20190226222729j:plain

料理に命を削った女たちのカニ…(レオパレスの隙間から入ってくるやつじゃないやつ)の料理の話、80'sエスパー志望少女と時をかけるストーカーの話、アンドロイドと童顔東洋人研究者の女の話、の3つのSF百合掌編を収録した作品集。とても短い話ばかりだけど、どれもキャラが立ちまくっていてディテールが凝っているので、背景をいろいろと想像で補うのもまた楽しい。

タイトル
さけのうおでんもうにむらがる 鱖魚群電網
サークル
Golem,Inc.
作家
いとう(TwitterpixivBOOTH
発行
2019.2(COMITIA127)


【販売】



【作者さん】

 

【みんなの感想】

 

#わすれてしまうわたしたち/チル田(でかい犬)【漫画】

f:id:yurindie:20190219231737j:plain

配信では電波系でアホみたいに明るいのに、現実に会ってみると人見知りでメンヘラなアイドルYoutuberにはまってしまう女の話。情報が常に加速しつづけ新しい娯楽が次々と供給される現代において、炎上しようと何をしようとすぐに忘れられてしまう存在の軽さという絶望と、細い糸でかろうじてつながり続けた愛が、ガサついた絵によってブルータルなエモみを増して襲いかかる最高の一作。

タイトル
#わすれてしまうわたしたち
サークル
でかい犬
作家
チル田(TwitterpixivBOOTH
発行
2019.2(COMITIA127)


【販売】



【作者さん】

 

【みんなの感想】

 

半分あげる/今東ももこ(抜歯)【漫画】

f:id:yurindie:20190122145749j:plain

ぶらりと行った関西コミティアでみつけてきた女子高生百合作品。好きな子と一緒の大学に行けないことを知って悲嘆に暮れたり、変な夢を見たり、繊細にぐるぐると思い悩む片想い思春期JKがかわいらしい。80'sリバイバルな作風と少し不思議な独特の雰囲気が印象的な作家さんで、自分は今回始めて知ったのですが、COMICリュウでデビューされてるみたいです。

タイトル
半分あげる
サークル
抜歯
作家
今東ももこ(Twitter
発行
2019.1(関西COMITIA54)


【作者さん】

 

himegoto/清水ひかりの(ときめきか ざわめきか)【漫画】

f:id:yurindie:20190115210320j:plain

社会人のお姉さん(処女)と元カレの妹(非処女)の百合。ポップな絵柄と勢いがある線で描かれるお姉さんの豊満な身体と、自信満々な妹ちゃんのキャラクターとがとても良いです。ストーリーとしては読み切りではなく、冬コミ発行の「Renjoh.」に続きます。


タイトル
himegoto
サークル
ときめきか ざわめきか
作家
清水ひかりの(Twitterpixiv
発行
2018.11(COMITIA126)


【販売】




【作者さん】




【みんなの感想】

 

 

BLUE MONDAY/帷子帷(ricalanduse)【漫画】

f:id:yurindie:20190115211615j:plain

ある日、仲の良かった女子中学生三人が電車に飛び込んで自殺した。少女たちのうち一人が登校拒否になって以降、担当の女教師が彼女の人間関係について聞き込みをしていくうちに何かが狂い始めていく様子がインタビュー形式で淡々と描かれる。New Orderの名曲“Blue Monday”の歌詞がずーんと来る陰鬱な一作。

タイトル
BLUE MONDAY
サークル
ricalanduse
作家
帷子帷(TwitterpixivBOOTH
発行
2018.11(COMITIA126)
備考
コピー誌。グロ・胸糞描写あり。



【作者さん】

 

【みんなの感想】

 

 

紙と墨 私立鬼百合学園校内報「月刊ムカゴ」編集部始末/川崎昌平(polocco)【漫画】

f:id:yurindie:20181206230708j:plain

「重版未定」「労働者のための漫画の描き方教室」等の著作があり、編集者としても活躍している川崎昌平さんが、百合姫コミック大賞に投稿した百合作品を同人誌にしたもの。
原稿依頼は断られ、約束していた原稿まで〆切に間に合わない、そんな状況に追い込まれた女子校の校内報の新人編集部員が奮闘する……という、つまりはいつもの川崎昌平作品なのですが、逆に言えば入門編としてちょうどいい分量と内容になっております。

タイトル
紙と墨 私立鬼百合学園校内報「月刊ムカゴ」編集部始末
サークル
polocco
作家
川崎昌平Twitterpixiv
発行
2018.11(COMITIA126)


【販売】

COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 紙と墨 私立百合学園校内報「月間ムカゴ」編集部始末



【作者さん】

  

【みんなの感想】